3色餃子に魅せられた男の物語

「一刻」の餃子に秘められた“こだわり”や裏話・・・・・・新しい餃子への奮闘振りなどをご紹介しながら・・・・・          さまざまな出来事を書いていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
キャベツの刻み方一つでも食感は変わってきます。
細かくすると、肉にからんで全体がフワッとしてやわらかくなりますが・・肉とも野菜とも言えない中途半端な食感にはしたくなかったので、キクラゲや竹の子と言った食材が入ることになりました。
イメージとしては「シュウマイ」と「春巻」の中間ぐらいで考えていました・・やはり、具を楽しむ餃子のイメージですね!

ninnikunome.jpg

肉の固さを和らげるために使用していたゼラチン質の材料は、食感のある野菜の刻み方と分量の変更で使用しなくなりました。
ninnniku3.jpg

「クっ」としまった肉がコロコロとした野菜に混ざっています。
siso1.jpg
食感の一番おとなしい「しそ餃子」でも野菜の面子は豊富です。



では・・ 次回もお楽しみに~!  ←みなさま応援してくださいね~!

餃子の 「 一刻 」のホームページも覗いてね!
スポンサーサイト

このコメントは管理者の承認待ちです

2012.11.08 13:46  | # [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ikkoku.blog9.fc2.com/tb.php/62-1a25ed80

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。