FC2ブログ

3色餃子に魅せられた男の物語

「一刻」の餃子に秘められた“こだわり”や裏話・・・・・・新しい餃子への奮闘振りなどをご紹介しながら・・・・・          さまざまな出来事を書いていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
11月の中頃から、エクセル(表計算ソフト)を使用して数量を管理しています。

おかげで、今では18個でも600個でもほとんど誤差なく作れるようになってしまった。
いまだにピッタリ作れた時には“ニンマリ”してしまいますね。

よくありがちな・・「具が余ってしまった」ということは「餃子の一刻」には無縁の事のようだ。
もちろん翌日に使いまわすことも皆無です。
こうして毎日新鮮な食材で餃子ができるのもパソコンのおかげと言えるでしょう。

さて、、、レシピどうりに餃子を作ってみる。
各種類、、、半分はシソを包んだものを作る。


ニンニクとニラの無いものは。。。  ニラだけ強調したやつは。。。
キャベツが少ない。。。   シソが負けてるなぁ。。。
sisonogu.jpg


何しろここからが大変でした。
レシピにコメントを入れては、また変更していく。

もう、ほとんどノイローゼになりそうな状態である。味がまとまらない・・・

そんな時に一つの材料を入れ忘れて作ってしまったのです・・・
気が付いたのが全部包んでからだったので、仕方なく焼いて食べてみる。

「ん?・・・」・・・

「失敗は成功のもと」とはこの事なのかもしれない。

このときに入れ忘れてしまった食材は・・・「生姜」

もともと肉の臭みを取るために最初に少量を混ぜるものだが
今まで気にしていなかった「生姜」の味に、このとき初めて注目したんです。

「生姜の味」と言えば連想するのは・・・「生姜焼き定食」

生姜だけでも十分うまいはずだ!

いままでキャンパスに塗る色ばかりに目がいっていて肝心のキャンパスが出来ていないことに気が付くのであった・・・

翌日からは豚肉と生姜・塩、そして食感のためのキャベツと竹の子・キクラゲ。。。

これだけで餃子の基本になる味を作ってみよう・・・


もう、夜になるとクリスマスの飾りが目立つようになる。
まだ3週間も先なのに・・・

つづく



3色餃子の「一刻」のHPも・・宜しくお願いします!


スポンサーサイト
2005.05.10 00:33 | 3色餃子の生い立ち | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。