FC2ブログ

3色餃子に魅せられた男の物語

「一刻」の餃子に秘められた“こだわり”や裏話・・・・・・新しい餃子への奮闘振りなどをご紹介しながら・・・・・          さまざまな出来事を書いていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
中国の餃子は主食として食卓にならび、いくらでも食べられる味付けになています。

調理法は水餃子か蒸し餃子が一般的で焼いて食べるという習慣はありません。
皮が厚くて味付けはアッサリ・・・そして食べる時のタレは“お酢”が基本になっていて醤油をあわせることもあります。
お好みで刻んだニンニクをタレに入れて食します。ちなみにラー油は使いません。
suigyouza2.gif


日本の餃子は、皮が薄くて焼き餃子が基本です。しっかりと味付けがされていて風味の強いニンニクやニラが入っています。つけるタレにも“お酢”以外に醤油やラー油などもいれてコッテリとした食べ物になります。

日本の食卓に餃子がならぶ時、それは“おかず”として位置付けられます。
“ご飯”のおかずの条件は「ショッパ旨い」(・・・塩気があって美味しいの略)こと!・・・量が少なくても立派な“おかず”になりました。
中国から帰ってきた人々から餃子が広まる段階で、必然的にその味はコッテリとしたものに変化しました。
img1040600555.jpg

また食料難の当時としては小麦粉の確保は簡単なものではありませんでしたので、皮を薄くして焼いて食べるように変わっていきました。
何よりも値段が安く、このパリパリとした皮の香ばしさが非常に“ウケた”ようでね!
結果的に皮が薄くなる事で“おかず”としての確固たるポジションにハマッたのですね!








では・・ 次回もお楽しみに~!  ←みなさま応援してくださいね~!

餃子の 「 一刻 」のホームページも覗いてね!


スポンサーサイト

トラックバック3回も送ってしまいました。本当に申し訳ございません。
削除しておいていただいて結構です。初心者であまり使い方がわからず連続送信してしまったみたいです。すいませんでした。

2005.07.02 21:35 URL | takabaku #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ikkoku.blog9.fc2.com/tb.php/50-5ad9fd7f

オカンの餃子は世界一
どもっ!『うちのかーちゃんあめりかん』管理人たかばくです!今日のブログは『オカンの餃子は世界一』と題して餃子について書いております!美味しいですよね!餃子万歳!(@ ̄¬ ̄@)ジュルリ♪

2005.07.02 20:54 | うちのかーちゃんあめりかん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。