FC2ブログ

3色餃子に魅せられた男の物語

「一刻」の餃子に秘められた“こだわり”や裏話・・・・・・新しい餃子への奮闘振りなどをご紹介しながら・・・・・          さまざまな出来事を書いていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
そして、現在では・・・

“ 餃子のような食べ物 ” は・・・小麦粉の広がりと共に、形をかえて様々な国で食べられています。
中身の “ 肉や味付け ” の違いはありますが・・・どの国でも “ 庶民的 ” な料理として根付いているようです。

なんと言っても・・安い材料で手軽につくれる事と・・・作り手の工夫次第で変化に富んだ料理になることは・・・
今も昔も、お母さんの創作意欲を刺激するようですね!

mantuu4_toruko.gif

これは、トルコの家庭料理の 「 マントゥ : MANTI 」 と言う料理です。
まるで “ 小さな水餃子 ” のようですね。
羊のミンチを使いトマトベースのスープで煮込んだりもします。
隣のブルガリアと同じくヨーグルトをさまざまなソースとして利用するのも特徴的ですね!
また 「 マントゥ 」 を包む際には競って小さく作るのが・・トルコのお母さん達の腕の見せ所になっているようです。

「 マントゥ 」 はシルクロード経由で中国から伝わったとされています。
たしかに・・・韓国の蒸し餃子 「 マンドゥ 」 や日本の 「 饅頭 」 とも発音が似ていますよね・・・
このトルコという国ですが・・・
2~3年前にサンタクロースの発祥の地として話題になっていましたね!
もともとは 「 ニコラス 」 というトルコ人が貧しい人々に施した事が “ サンタクロース ” の起源になっているようですが・・・
12月になると世界中がクリスマスでにぎわう中・・・
どうゆう訳か、トルコでは普段と変わらず 「 マントゥ 」 を食べているとか・・・その理由は?
トルコという国は、イスラム教の国なのでクリスマスを祝う習慣が無いという・・・
あらら・・・不思議不思議

この 「 ニコラス 」 さんも・・きっと食べていたのでしょうね!・・・

では・・  “ マントゥ ” で乾杯!!  ←ランキングにご協力下さ~い。 m( _ _ )m





餃子の 「 一刻 」のホームページも覗いてね!
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ikkoku.blog9.fc2.com/tb.php/41-e4eb95eb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。