3色餃子に魅せられた男の物語

「一刻」の餃子に秘められた“こだわり”や裏話・・・・・・新しい餃子への奮闘振りなどをご紹介しながら・・・・・          さまざまな出来事を書いていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
中国に暮らす人々にとっての “ 餃子 ” は・・・
どうやら普通の “ 料理 ” では収まらないようです・・・
例えば・・・いろいろな儀式やお祝い事にも無くてはならない存在で・・
とても特別なものになっています。

日本では考えられない事ですが・・
清王朝時代には貢物として扱われるなど“ めでたい ” 食べ物として国民に浸透しました。
suigyouza2.gif

日本の正月に “ おせち ” や “ 雑煮 ” が欠かせないように、中国の旧正月では“餃子”は欠かせないようです。
晦日には家族みんなで役割を分担して “ 餃子 ” を作りながら年を越す事が
中国では“ めでたい ” 習わしのようです・・・他にも “ 子宝 ” に恵まれるとか “ お金 ” にまつわる話もあるなど・・・
日本人の感覚とはだいぶ違いますよね!

それに “ 食べる ” という意味から見ても全然違いますね~・・・
中国の家庭では “ 餃子 ” はメインの主食になるからなんです。

日本では「餃子パーティ」でもない限り “ 餃子 ” をメインで食べる事は無いですよね・・・
ご飯に合うように “ 濃い ” 味付けや “ 辛い ” タレで食べる “ 日本の餃子 ” とは様子が違いますね・・・本当に!



では・・ 次回もお楽しみに~!  ←みなさま応援してくださいね~!


3色餃子の「一刻」のHPも・・宜しくお願いします!
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ikkoku.blog9.fc2.com/tb.php/40-76a8dfd2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。