FC2ブログ

3色餃子に魅せられた男の物語

「一刻」の餃子に秘められた“こだわり”や裏話・・・・・・新しい餃子への奮闘振りなどをご紹介しながら・・・・・          さまざまな出来事を書いていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
しそ餃子 」 と言ってもいろいろありますね~!

具の中に細かく刻んだシソをいれたもの、具と皮の間にシソの葉をはさんだもの・・・

たいていはどちらかの場合が殆んどのようで、基本的には 「 シソの香り 」 を付け加えた餃子が多いいようです。
当初、私もニンニク餃子の具と皮の間にシソを入れることも考えていましたが・・・
きっと 「 一刻 」 の3色餃子の味を食された方なら 「 物足りない 」 と思うでしょうね・・・

詳しい経緯は 「 生い立ち 」 中でのべることにしますが、3つの味のバランスを考えて、とうとう1個の餃子に3枚分のシソの葉が入ってしまいます。
食べる時は、しおれていて感じませんが・・それだけのシソをいれないとニンニク餃子に負けないだけの 「 シソの風味 」 が出せませんでした。
siso1.jpg
【 しそ餃子 = 3枚分のしその葉が入った本物思考の自信作です! 】

このシソの葉にも実はこだわりがありまして、具の中には愛知県産の大きなシソの葉を使用しています。実際、手の甲より大きいもので香りも強く、シソの食感を出すのに適していました。
面白い事に刻み方でも風味は変わってしまうんですよ!
また具に混ぜる直前に刻んで、少しでも香りを逃がさないようにしたり、シソ同士が固まって玉にならぬよう少しずつ混ぜたりと・・・結構神経質な代物です。

P1000238.jpg
【 左は愛知県産のシソの葉。右の小さいほうが普通のシソの葉です 】


それから皮の内側のシソですが、これは茨城県産の普通のシソの葉です。
現在のレシピでは葉を一枚丸ごと入れています。実際には皮の上にシソを置き、具をシソの葉で包んでから皮をとじています。
薄い皮に具沢山ということもあり、なかなか大変なんですよ・・・(^O^;)
まだまだ書きたい事はありますが、今回の 「 しそ 」 はこの辺で止めておきます(笑)

さて次回の「こだわり」では、、
「竹の子」と題してお送りしたいと思います!



3色餃子の「一刻」のHPも・・宜しくお願いします!


スポンサーサイト
2005.05.07 06:30 | ごだわり | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。