3色餃子に魅せられた男の物語

「一刻」の餃子に秘められた“こだわり”や裏話・・・・・・新しい餃子への奮闘振りなどをご紹介しながら・・・・・          さまざまな出来事を書いていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
いまでも “ 美味しかった・・ ” と思い出す餃子の味があります。
もちろん演出という意味では3色餃子への影響は大きい。

神奈川県の相模原市に淵野辺というJRの駅があるのですが。
その駅前通りに “ 一汁一菜 ” というラーメン屋があって昼になると行列ができてしまう。
yor182_sub.jpg

お世辞にもキレイな店とは言えないのだが、ここの餃子は絶品でした。
ありがちなラーメン専門店の冷凍餃子とは違い・・
珍らしく “ 注文を受けてから餃子を包み素早く焼き上げてしまう ”
その御主人のこだわりが嬉しい。
昔からの癖なのか・・ついつい厨房の作業に見入ってしまう。
そして出てきた餃子はシンプルな野菜餃子・・・というより完全なキャベツ餃子なんです。
なんとも言えないキャベツ独特の甘味を表現したその餃子はコッテリしたラーメンにも苦にならない。
機会があればもう一度食べてみたい餃子ですね・・・


そんなことを考えながら 「 基本のベース 」 のレシピを完成させていく
       ・・・こぶしで2つ分ぐらいの豚肉に石鹸大の生姜が入る・・・かなりの量
しかし「生姜」だけのその味はいわゆる「肉餃子」と呼べるプレーンな味といえる

「 これなら いいかもしれない・・・」

このキャンパスにどんな色付けをするか・・・だいたい構想は出来ていた。
単純な事なのだが「薬味のニンニクとニラ」「旨みのきのこ」「香りのシソ」をピュアに演出して見たいと考えていたのだ。

“ 余計な味はかえって演出の邪魔になる ”これが一つの結論。

しかし、問題になってくるのは “ バランス ” であった。
ninnniku.jpg

ニンニクとニラの強い味にどうやって合わせるか・・
シソは周りに巻いただけでは弱すぎるし刻んで入れてもあまり変わらない。キノコは「干し椎茸」でも使ってみようか・・・

このころになると『一刻』にあうコピーと化粧箱につかう表紙のデザインも考えていた・・・なかなか難しいものだ。


年が明けたというのに餃子のことから離れられない・・・

つづく


3色餃子の「一刻」のHPも・・宜しくお願いします!




スポンサーサイト
2005.05.13 06:30 | 3色餃子の生い立ち | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。