FC2ブログ

3色餃子に魅せられた男の物語

「一刻」の餃子に秘められた“こだわり”や裏話・・・・・・新しい餃子への奮闘振りなどをご紹介しながら・・・・・          さまざまな出来事を書いていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
さて皆さん・・・「 無洗米 」 という商品をご存知でしょうか?

何やら “ 米を研がずに ” 炊ける米らしいのですが・・・私の周りでは、割と冷ややかな視線を浴びているこの商品・・・今回は、どのような “ ご飯 ” に炊き上がるかレポートしてみます。
商品の説明書きによればヌカの内側にある旨みを上手に残した製法とのことですが・・・
musennmai.jpg

炊飯器を使わなくなって5年になるでしょうか・・・どんな高額な炊飯器でも直火炊きには敵わないでしょうね!特に炊き込みご飯の類にはおすすめしますね!
ちなみに使用する鍋は1000円程度のテフロン鍋ですがガラス製のフタが付いているものです。
musennmai2.jpg

2合の米を約1時間ほど水に浸してから火にかけます。
いわゆる 「 はじめチョロチョロ・・中パッパ 」 の通り吹きこぼれないよう注意しながら炊いていきます。
時間的には10分程度でしょうか・・ガラスのフタで中を確認出来ますので便利ですね・・泡が少なくなってきた頃合をみて火から下ろします。

musennmai3.jpg

10分ほどムラして出来上がりです。
いまのところ何の違和感もありません・・・意外とキレイに炊けたと思います
musennmai4.jpg

さて実食です・・・

うん・・美味しい!普通に美味しいです!
違和感は全くありませんね!

正直・・・専門的なコメントは出来ませんが、研がなくても普通に美味しい “ ご飯 ” ですね!
冷めたものも食してみましたが・・・美味しいままでした。


直火炊きについてですが・・・1合でも美味しく炊けますので・・・是非、違いを体験してくださいね。



3色餃子の「一刻」のHPも・・宜しくお願いします!
スポンサーサイト
「 牛乳の味はどうも苦手で・・ 」という方にも、割と飲みやすい牛乳があるのをご存知でしょうか?

一般的に 「 牛乳 」 は、加熱処理を経て市場に出荷されますが、ほとんどの牛乳は超高温殺菌の場合が多く、120℃~140℃の高温で2~4秒間の殺菌をしています。

それとは別に、「 低温殺菌 」と書かれている商品もあります。
この牛乳は、高温殺菌の半分程度の温度で長時間 ( 例:66℃ 30分間 ) の殺菌をしたものです。
gyuunyuu3.jpg

本来の牛乳の味を楽しめるよう低温殺菌の牛乳があるようですが・・・
あの “ 牛乳独特の味 ” は少なくさっぱりしています。

gyuunyuu1.jpg

実を言うと・・・この “ 牛乳独特の味 ” と言うのは、簡単に表現すると高温加熱のときにできる “ 焦げ ” の味だというのです。

ちなみに 「 低温殺菌牛乳 」 は、普通の牛乳よりも少し割高ですが・・・牛乳が苦手な方も含めて1度は試す価値はあると思います。

gyuunyuu2.jpg

最近では、牛乳以外の “ 乳飲料 ” として色々な材料を混ぜた物もたくさんありますね・・・
写真はグリコ乳業の 「 カルシュウムと鉄分の多いミルク 」 ですが乳脂肪を抑えつつ他の原料で “ コク ” を表現していて面白い製品です・・・あくまでも乳飲料ですが・・



3色餃子の「一刻」のHPも・・宜しくお願いします!
2005.06.01 00:00 | こんなもの見つけた | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。