FC2ブログ

3色餃子に魅せられた男の物語

「一刻」の餃子に秘められた“こだわり”や裏話・・・・・・新しい餃子への奮闘振りなどをご紹介しながら・・・・・          さまざまな出来事を書いていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
忘れられない味というものが皆さんにもあると思うのですが。
私には、だぶん・・あれが・・1番、衝撃的な味だったと思います。。。

それは、あの 「 横浜・家系ラーメン 」 の元祖 「 吉村屋 」 なのです。

もう20年も前の事ですが、当時JR京浜東北線の 「 新杉田駅 」 から徒歩5分のところに・・
平屋のプレハブを2つ並べたような、、ちょっと女性を連れては入れないような、、そんな印象の 「 吉村屋 」 がありました。
photo4.jpg
(旧吉村家の近くにある杉田家)


初めて入った時に驚いたのは、寸胴の中から飛び出したガラの量ですね~。カウンター席から1mも離れていない寸胴鍋から豚や鳥の骨が山盛りになって飛び出しています。

初めての光景に目はキョロキョロ・・他の常連たちの注文にも聞きなれない言葉が連発・・

「 中盛固め濃い目の油こめ!・・ 」
「 普通薄めの油抜き・・ 」

なんと言っても店内の威勢の良さにも驚いてしまう。
そして、ふと隣の客に出てきたラーメンを横目で見ると、何か普通のラーメンと雰囲気が違うんです・・・

ゲーっ・・ドンブリがベチョベチョだ~・・・

それもそのはず・・
並べられたドンブリに注がれるスープは滝のようにして右から左へと流れていく。。。
分かりやすく表現すると、勢いよく注ぎながらドンブリの上を右から左へと通過していく。。。。となる。。。つまりスープはこぼし放題でドンブリがベチョベチョな事など誰も気にしない

とにかく何もかもが“豪快”で具の一つ一つもドンブリの中に放り込んでいるようにさえ見えてくる・・

さて、目の前に出てきたラーメンに思わず 「 うぉ~ 」 とつぶやいてしまう程に強烈な 「 鳥 」 の香りとも匂いとも表現できるものが立ち込めてくる。

そして、スープは・・・見たことも無い表情をしている・・・

何だろう・・・


つづく


3色餃子の「一刻」のHPも・・宜しくお願いします!

スポンサーサイト
2005.05.18 06:30 | ラーメンが好き! | トラックバック(-) | コメント(0) |
この 「 吉村家 」 ・・・当時は、確かレンゲなどおいて無かったような記憶があるのですが??
photo1.jpg

見なれない表情のスープにハシを入れながら・・・油??と気づくのですが、それが、ただの油ではないのです。

なんと1cmぐらいの油の層がスープに浮いていて、見たことも無い2重の層ができていたんです。
4~5枚のっている海苔も油を吸っていてギトギト・・・

コッテリしたものは好みとはいえ・・・恐る恐る麺を口にしてみると、いきなり衝撃的な味に襲われました。
それは強烈な “ 鳥の風味 ” だったんです。
おそらくスープに浮いている油はほとんど鶏油だったのではないでしょうか・・・あまりのインパクトに一瞬でハマってしまいました。

しかし当時の 「 吉村家 」 はアッサリしたラーメン好みの方にはとんでもない代物だった事は言うまでもありませんね・・・

《 私も3色餃子を商品化する段階で考えていたことは、“ 良くも悪くもこだわる ” 事を念頭に掲げていました。他では食べれない味として自分で納得できるまではかなりの時間を必要としましたが・・・最近では、だいぶ好評をいただいている反面、一部には 「 こんな肉肉しい餃子は食べたくないし、シソもキノコも要らない 」 という声もありまして、、、“ こだわりの餃子 ” に対しての皆様の反応に喜んでおります。 》

この 「 吉村家 」 には何人かの友達も連れては行きましたが、これほど好き嫌いのハッキリするラーメンも無かったとおもいます。
それから15年ぐらい前だと思うのですが、あるテレビの放送をきっかけに 「 吉村家 」 は変わっていくんですよね~・・・
私には残念な事なのですが・・・

つづく


3色餃子の「一刻」のHPも・・宜しくお願いします!

2005.05.19 06:30 | ラーメンが好き! | トラックバック(-) | コメント(0) |
メディアの影響で連日行列が絶えなくなってしまった “ 吉村家 ” は数年後には横浜駅の 「 東急ハンズ 」 の先の交差点付近に店舗を移転します。
yoshi.jpg

正直、 「 あー・・・とうとう行ってしまった・・」と寂しい思いもありましたねー。
ただ、移転する以前に “ 昔の吉村家の味 ”は姿を消してしまって “ 豚骨醤油ベース ” の今の味に変わっていました。・・・確かにあれだけの行列ができてしまうと鶏がらと鶏油を毎日確保することは不可能だったのかもしれませんね。

移転してからの “ 吉村家 ” にはまだ行ったことはありませんが・・・
当時のお弟子さんが店長をされている“杉田家”と“還2家”には何度か足を運んでいます。

夕方前のスープが出来上がったタイミングで “ 還2家 ” に入ったことがあるのですが・・・
そのときは 「 お~コレコレ! 」 とニンマリして食べました。

もちろんいつもの 「 固め・薄めの油こめ 」 で!
photo2.jpg


行くたびに味が微妙に違います・・・
そのへんは昔の “ 野生的? ” な所のなごりなのでしょうか・・ある意味で楽しみなのですが

去年・・還2家で家系会長の 「 吉村さん 」 を見かけました。

昔とちがってふっくらとしていましたがシワガレタ声とキリっとした目は相変わらず!でもだいぶ丸くなられた感じで、客がいようが店員を怒鳴っていたころの吉村さんとは違いました。
カンロクって感じでしたね!

吉村さん!!衝撃的な味をありがとう御座いました。(^o^)//
当時の常連代表・・一刻さんでした。


3色餃子の「一刻」のHPも・・宜しくお願いします!

2005.05.20 06:30 | ラーメンが好き! | トラックバック(-) | コメント(1) |
「おまけ」で~す!
吉村家の事を回想していたら・・・再現したくなって・・・しまった。
このまま「ラーメン食いだおれ日記」にならないといいのですが・・

イメージは鶏がらと豚骨ベースに鶏油の厚みが1cm(^ ^;)キーワードは 「 ワイルド 」

当時の吉村家は鳥の皮も寸胴鍋にいれていましたね~ドバドバっと・・・

スープのアクは決して取ってはいけない・・・(^ ^;)そっ・・それだけは許して・・・

チャーシューは決して上品でなくワイルドに。。。でもぺらぺらに・・・(^ ^;) 《 元、常連さんだけ笑うとこ・・“ みすぼらしい ”とは書けないですよね~・・・あれ?》

麺はちぢれ太麺ですね~今回はグリコ栄養食品製の「麺好亭=札幌太めん」でいきます。スーパーで1玉80円ぐらいです。けっこう種類もあってコシがありまあすよ!

さて思い立っても直ぐには出来ないんですね~・・・m(==)m
とりあえず煮込んでいる写真で我慢して下さいね!
ちなみに豚骨スープは冷凍したものが少し残っていたのでズルしますが・・(^o^)

P1000165.jpg


早ければ次の記事に出せると思いますので・・・お楽しみに!

※あくまでも元、常連の思い込みレシピに基づいてますので・・ご理解くださいませ・・
m(__)m


3色餃子の「一刻」のHPも・・宜しくお願いします!
「 すごいスープ! 」を記念して作ってみました。

うまかった~!・・・!
20年前の“吉村家”の復刻ラーメンです。。。
さすがに本物には及びませんが・・昔の雰囲気は楽しめました(^o^)/

P1000219.jpg

いつもの「固め・薄め・油こめ」です
・・・実は2日目の写真なんです!どうゆうわけか2日目の方が美味しく感じました。。。

ご覧の通りの油ギトギト・・鶏油なのですが。。。
さすがにスープを飲む気にはなれず・・撃沈。。トホホ。。
そう言えば当時もフーフーして油をよけてましたね(^ ^;)

yakibuta.jpg

チャーシューはこんな感じでしたよね~?
・・・これは市販の「豚の角煮」をスライスしたものです(^ ^;) すいません・・


なかなか美味しく出来ましたが・・
ラーメンダシはある程度の量でやらないと難しいですよね・・
やっぱり杉田家に行こぉ~うっと!あの味を家庭で作るよりは楽だし美味しいと思いますよ
(^ ^;)//・・・率直な感想でした。

どなたかご自分で作られたかたがいましたら是非TBください!

では・・「すごいスープ!」は完結でございまーす。


3色餃子の「一刻」のHPも覗いてくださいね!

2005.05.22 06:30 | ラーメンが好き! | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。